WATECH Blog

 TSURUGASHIMA -MOTORCYCLE SHOP-

--.--.--[--] スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.10[土] まだまだ大変GSX-R1000

20091010102336
デイトナニッシンラジアルクラッチマスター19Фを装置って!アレ?ハンドル切るとアッパーカウルステーにレバーが当たる!
①ハンドルを当たる分だけずらす。
②アッパーカウルを新しく製作する。
③車輌に装置されてるトップブリッジかアンダーステムを加工する。
④フレーム側のストッパー側を加工する。
この4つの方法しかないかなぁ~。なんて思ってたんだけど、新たに部品を製作すると大がかりだしノーマルの部品を加工するのもやだなー(アンダーステムのハンドルストッパー部品にネジを付けるとフレーム側がアルミなので傷が付く・・・)。ひ・ら・め・い・た~☆たしかムカシのカワサキKZ1000S1とかなんかのレーサーで、写真のようになってなかったっけかなぁ。もともと配線バンドの固定ボルトをこれにかえて(白い丸のやつ)OK!!出来ちゃうと大した事でも大した物でもないけど、上記4つの事をさけてもともとのボルト穴を使ってるから製作時間もかからない。こういう作業はちょっと大変!!(たかだかマスター交換なのに・・・)本人もブレンボの19Фが本当はいいけど、\71,000-までとつぜんの修理だからなぁ~なんて事からこうやった。ちなみにデイトナニッシンは、\21,000-。こんなストッパー製作してもブレンボよりはるかに安価で装置できました。

Comment






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

プロフィール

garage watech

Author:garage watech
二級整備士があなたのバイクを
メンテンス致します
バイク好きのための心のこもった
修理屋を目指しています
応援よろしくお願いします

訪問者数

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

Copyright © garage watech

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。